ホテル運営&ゴルフ場施設管理のエキスパート

競売物件

  • HOME »
  • 競売物件

競売物件査定・入札

競売でホテルを所有できるの???
競売でビジネスホテル・カプセルホテルを落札し、立ち退きを行い、所有することが出来ます。

但し、競売という性質上、所有者の協力が得られることがほぼ無く、そのデューデリジェンス(査定)には任意売買とは少し違ったスキルが求められます。
また、3週間から2週間という限られた時間で、所有者からのデータもない中で、当該物件の売上の精査、様々なメリット、デメリット又は、新規営業許認可取得の可否を洗い出す作業も必要になります。
また、占有者の立ち退きのリスクも考慮し、入札決定をしていきます。落札したものの、占有者を退去させられなかったでは、何のための競売かわかりません。
スピードと正確な査定業務が必要になります。

エムティーパートナーズの最も得意とする分野になります。

また、しばしば、競売と同時進行の任意売買のチャンスもあります。つまり、所有者様とのコンタクトに成功し、合意出来れば、開札日までに、競売を取り下げ、債権者の承諾する価格で取引をおこなうことが可能になります。価格は競売で落札するより高くなる可能性が高いですが、様々なリスクは少なくなりま す。

上記の場合、通常の任意売買よりリスクがある分、低価格にて取得が可能になる場合があり、投資利回りがNET30%を超える場合も過去ありました。

エムティーパートナーズは投資家様のそのようなニーズお答えすべく競売物件の入札価格査定のお手伝いを致します。

お気軽にお問合せ下さい TEL 0120-922-484 受付時間 9:00 - 18:00 (土・日・祝日除く)

PAGETOP
Copyright © 株式会社エムティーパートナーズ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.